プロフィール

アラジン・ランプ

Author:アラジン・ランプ
99年8月から先物を始めて今年で ・・・年目です。マイナス8桁に沈んだ事もありましたが、通算でプラス8桁をキープしております。
 
http://twitter.com/#!/
futuresfarm
 
このブログは単なる備忘録です。私の独断と偏見で編集しました。内容もあまり正確ではないと思います。疑いの目で批判的に見ていただくことを希望します。
 
★★ランダム表示の広告サイトは関係ありません★★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アラジン・ランプの石油先物トレード大作戦
☆☆☆この世界はハイリスクであることを忘れてはなりません。そして自己責任の原則です。あまり欲は出さず、儲かった時も謙虚にやれば、長く相場を張る事が出来ます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融緩和縮小観測が商品相場を押上げる
はずむやすな

-金融緩和縮小なのに、年初から金などの商品は底堅いわね。
 
昨年は金融緩和相場が終焉し、投機資金は商品から離れ、株式や機軸通貨に向かった。
NYダウは上昇し、金は年初の予想どうり下落を続け、ファンダメンタルズに支えられた原油は底堅かった。とこが、FRBの金融緩和縮小観測による新興国通貨安が世界経済不安を呼び、同時株安になり、ドル高に歯止めがかかった。そして再び資金は現物資産である商品に向かい始めた。金だけでなく原油その他の商品にも及んでいる。
 
-もう流れが変わったの?
 
いや、僕は一過性のものだと思う。このまま経済不安が続くなら、金融緩和縮小に踏み切った意味がない。イエレンFRB新議長は緩和縮小を堅持すると言っている。新興国通貨不安については米経済への重大なリスクにはならないとしている。アメリカ経済が不動なら世界経済は心配ないそうだ。
 
-と言う事は格好の売り場になるのかな・・・
 
金については、そうかもしれない。しかし原油などの商品は底堅いかもね。
 

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。