プロフィール

アラジン・ランプ

Author:アラジン・ランプ
99年8月から先物を始めて今年で ・・・年目です。マイナス8桁に沈んだ事もありましたが、通算でプラス8桁をキープしております。
 
http://twitter.com/#!/
futuresfarm
 
このブログは単なる備忘録です。私の独断と偏見で編集しました。内容もあまり正確ではないと思います。疑いの目で批判的に見ていただくことを希望します。
 
★★ランダム表示の広告サイトは関係ありません★★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アラジン・ランプの石油先物トレード大作戦
☆☆☆この世界はハイリスクであることを忘れてはなりません。そして自己責任の原則です。あまり欲は出さず、儲かった時も謙虚にやれば、長く相場を張る事が出来ます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量的緩和終了確認か
あゆき
 

スポンサーサイト
安全資産への資金移動が進む
はずむやすな
 
QE2終了後、商品市場の調整と相まって、長期金利が低下している。
-QE2の一つの目的は長期金利の低下。QE2終了でその目的が果せた訳ねワラ。
そう。QE2で国債を買っているときは逆に長期金利が上昇した。 まーさて置いて、
この債権など安全資産への資金移動はFRBも認めた景気回復の遅れによるものだろう。
-原油はさらに石油備蓄放出決定で下落。この時期の決定は何か意味がありそうね。
うん。せっかくQE2終了で商品市場が調整しているのに、景気回復の遅れのために
安全資産である商品にマネーが向かったのでは意味ないからね。
-苦しいいたちごっこみたいだけど・・ワラ。いずれマネーは商品に向かうのでしょうね。
景気回復が遅れ、ドル安が改善されない限り、国際商品の割安感はある訳だ。
債権などへの資金移動が一巡すれば、次は「質への逃避先」としての商品だろうね。
-IEAは格好の押目を作ってくれたのじゃないかしら・・・
まー、高値掴みの投機筋を投げさせて、暫らく調整局面に持ち込む意図はあったかも。
-FRBは景気回復の遅れを認めるとともに物価の上昇も予測しているわよ。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。